amazon(アマゾン)ギフト券の基本的な使い道やメリット、残高の使い方まとめ

amazon(アマゾン)ギフト券の基本的な使い道とメリットまとめギフト券

商品券は使っとこともあるし、贈り物として利用したこともあるけど、amazon(アマゾン)のギフト券てどうなのかなと思っている方もいますよね。

この記事では、amazon(アマゾン)のギフト券の使い道についてまとめてみました。

amazon(アマゾン)のギフト券の種類や基本的な使い道やメリット、残高の使い方をご紹介しますので参考にしてみてください。

amazon(アマゾン)のギフト券の種類

amazonのギフト券とは、amazonのショッピングサイト内で使うことの出来る、amazonが発行するギフト券です。

amazonギフト券には様々な種類があるので、使い方によってタイプを選ぶことが出来ます。

★ amazonギフト券の種類

チャージタイプ
Eメールタイプ
印刷タイプ
グリーティングカードタイプ
商品券タイプ
封筒タイプ
ボックスタイプ
マルチパックタイプ

 

amazon(アマゾン)のギフト券の使い道

amazonギフト券は、個人的に使うことも出来ますし、誕生日や出産祝いや新生活のお祝い、ありがとうを込めた贈り物としても使うことが出来ます。

上述した種類の中から、用途に応じて使い分けましょう。

・チャージタイプ…..自分用
・Eメールタイプ…..自分用、プレゼント用ともにアリ
・印刷タイプ…..プレゼント用
・グリーティングカードタイプ…..プレゼント用
・商品券タイプ…..プレゼント用
・封筒タイプ…..プレゼント用
・ボックスタイプ…..プレゼント用
・マルチパックタイプ…..ビジネスにおすすめ

amazon(アマゾン)ギフト券の自分用としての使い方

amazonギフト券は自分用としても使うことが出来ます。

amazonギフト券を自分用として使うメリットとしては、

クレジットカード払いが指定されている商品も購入できる
予算を管理でき、買い過ぎ防止になる
チャージタイプでは購入金額によってポイントが付く

タイプの中では、チャージタイプが自分用として一番適していると思います。

チャージタイプは直接自分amazonアカウントに残高がチャージされるため、ギフト券番号を登録が不要です。

またチャージタイプは購入金額によってamazonポイントが貰えるのでamazonユーザーには普通におすすめです。

Amazon(アマゾン)ギフト券チャージタイプを「コンビニ・ATM・ネットバンキング」支払いで5,000円以上チャージすると、プライム会員は最大2.5%ポイント、通常会員は最大2.0%ポイントもらえます!

チャージ額通常会員プライム会員
5,000〜19,999円0.5%1.0%
20,000〜39,999円1.0%1.5%
40,000〜89,999円1.5%2.0%
90,000円以上2.0%2.5%

amazon(アマゾン)ギフト券の贈り物としての使い方

amazonのギフト券は、誕生日や出産祝いや新生活のお祝いの贈り物としても利用できます。

★ amazonのギフト券の贈り物としてのメリット

amazonで買えるほぼすべての商品にご利用可能

数億種類にもなるamazonの品揃えの中から、何か欲しい物を見つけて貰えると思います。

ギフト選びに悩む時間を節約

ギフトの予算が決まっていれば、あとは金額とデザイン、タイプを選ぶだけなので時間の節約になるので、忙しい方にもおすすめです。

スマホで簡単に注文、すぐにお届け

誕生日プレゼントを忘れてた!!という方でもスマホで注文出来て、すぐに届けることが可能です。デジタルタイプは支払完了から約5分、配送タイプはお急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け可能です。

通常配送料無料

デジタルタイプは送信無料ですし、通常配送料も無料、プライム会員ならお急ぎ便(当日・翌日にお届け)も無料です。

ギフトラッピング利用可能

注文のときに「ギフト設定」にチェックを入れれば、ギフトラッピング・のしシールを追加で注文出来ます。

・ギフトラッピング・・・ギフト券がラッピングされ、メッセージカードが添えられた状態でお届け
・のしシール・・・封筒などに貼付されギフト券が梱包された状態でお届け

複数の方に贈る手間、手続きが簡単

内祝いなど、年齢や性別なども様々で、好みもわからない複数の方々への贈り物としてもおすすめです。

時間が無いときにもスマホで注文出来ますし、デザインも贈る方に分けて選ぶことも出来ます。カタログギフトの代わりにもなりますね。

amazon(アマゾン)ギフト券の残高の使い方

amazonのギフト券を使って買い物をしたけど、余った残高がどうなってしまうのかわからない方もいますよね。

商品券の中には残高が使えないものもありますが、amazonギフト券の残高は次回の買い物に繰り越して使うことが出来ます。

また、支払うときにamazonギフト券の残高を他の支払い方法と併用出来ます。

★ 残高との併用

・amazonギフト券の残高+クレジットカード支払い
・amazonギフト券の残高+ネットバンキング
・amazonギフト券の残高+電子マネー払い
・amazonギフト券の残高+コンビニ払い
・amazonギフト券の残高+ATM

まとめ

ここまでamazon(アマゾン)のギフト券の使い方についてまとめてみました。

amazonのギフト券は様々なタイプがありますしデザインも選べるので、今まで商品券やギフトカードなどを贈り物として利用していた方にとっても選択肢が広がったと思います。

スマホから簡単に注文出来て、すぐに届けて貰えて、送料も無料なので、プレゼントを買い忘れてしまった方にもおすすめです。

また、特にチャージタイプは自分用としても使うことが出来るので、amazonユーザーの方にもおすすめです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました