QUOカードPay(クオカードペイ)のアプリとは?メリットや使い方など解説!

QUOカードPay(クオカードペイ)のアプリとは?メリットや使い方など解説!ギフト券

景品や謝礼でQUOカードPay(クオカードペイ)を貰ったけど、アプリは使ったほうが良いのかなぁ、と思う方もいますよね。

この記事では、QUOカードPay(クオカードペイ)のアプリについてまとめてみました。

QUOカードPay(クオカードペイ)のメリットや使い方についてご紹介しますので、参考にしてみてください!

QUOカードPay(クオカードペイ)のアプリとは?

QUOカードPay(クオカードペイ)は、スマホを利用して加盟店で買い物が手軽にできる デジタルギフトサービスになります。

QUOカードPay(クオカードペイ)のアプリは、QUOカードPay(クオカードペイ)を便利に遣うための専用の無料アプリになります。

QUOカードPay(クオカードペイ)のアプリのメリットとは?

QUOカードPay(クオカードペイ)アプリのメリット

無駄無く使える
券面デザインを集めて楽しめる
スマホを失くしても安心

QUOカードPay(クオカードペイ)アプリは、複数のQUOカードPay(クオカードペイ)の残⾼をひとつにまとめることができます。自動的に有効期限の近いものから消費してくれます。

また、各QUOカードPay(クオカードペイ)の券⾯をアプリ内に保存することができるので、様々なQUOカードPay(クオカードペイ)のデザインを集めて楽しめます。

スマホを紛失してしまったときにも、残⾼分を新しいスマホに移行することができるので、もしものときも安心です。

QUOカードPay(クオカードペイ)のアプリの使い方

QUOカードPay(クオカードペイ)をもらったら、

①QUOカードPay(クオカードペイ)のアプリをスマホにダウンロードする。
②もらったQUOカードPay(クオカードペイ)のURLをタップして残高に登録する。
③「お支払い」をタップして開いたバーコード画面を見せる

アプリを使うと、複数のQUOカードPayの残高をひとつにまとめられ、有効期限の近いものから自動的に使用されます。

たくさんのQUOカードPay(クオカードペイ)を持っているときには、専用のアプリで管理したほうが効率よく使えて便利です!

QUOカードPay(クオカードペイ)のアプリにQUOカード(クオカード)の残高を合算できる?

景品などでQUOカード(クオカード)を貰ったことがある方は、貰ったQUOカード(クオカード)の残高をQUOカードPay(クオカードペイ)に合算できるか気になりますよね。

残念ながら、『QUOカードPay』と『QUOカード』は別々のサービスとなるので、 残高を合算することができないです。

今後チャージできるようになるとより便利になりますね。

スマホを機種変更したら、QUOカードPay(クオカードペイ)のアプリの情報は引き継げる?

QUOカードPay(クオカードペイ)のアプリを使っていたスマホを機種変更したら、アプリの情報が引き継がれるのか気になる方もいますよね。

情報の引き継ぎは、スマホを機種変更したときに、★メールアドレスの変更がない場合と、他のキャリアへの乗り換えで、★メールアドレスが変更したときとで変わってきます。

アプリ登録のメアドに変更がない場合

①新しいスマホに、QUOカードPay(クオカードペイ)のアプリをインストールする。
②以前のスマホで登録していたメアドを使って再度会員登録する。

メアドが変わる場合

メアドが変わった場合には、まず以前のスマホでWifi等を使用して、QUOカードPayアプリに登録されているメールアドレスの変更をする必要があります。

①QUOカードPayアプリのホーム画面左上のメニューボタンから「設定」を選択する。
②「メールアドレス変更」を選択する。
③新しいメアドを入力して、「このメールアドレスに変更する」を選択する。
④新しいメアドで受信された「認証コード」(数字6桁)を手元に控える。
⑤以前の端末画面にて「認証コード」を入力する。

※メールアドレスの変更が完了すると、「QUOカードPay会員情報変更のお知らせ」を送信されてくる。

⑥新しいスマホから、新しいメアドで 「QUOカードPayアプリ」にログインする。
メールアドレスの変更が出来ない状態の場合は、残高等全てのデータは引き継げなみたいので注意してください!!

QUOカードPay(クオカードペイ)のアプリにクレカなどでチャージできる?

QUOカードPay(クオカードペイ)は、企業のキャンペーンの景品などで利用される、Web上にて受け渡しが完結できるデジタルギフトサービスになります。

現状PayPayや楽天Payなどの決済サービスとは用途が異なっていて、 専用アプリにクレジットカードや銀行口座を結び付けて、チャージすることはできないです。

QUOカードPay(クオカードペイ)のアプリに保存できる上限金額はあるの?

QUOカードPay(クオカードペイ)のアプリに保存できる上限金額は、合計10万円までになっています。

もしチャージする時に合計金額が10万円を超えるときには、 「チャージ可能な上限金額を超えています」というエラーメッセージが表示されます。

例えば、残高が7万円あるときに、4万円のチャージはできないです。

QUOカードPay(クオカードペイ)のアプリは有効期限を教えてくれる!

QUOカードPay(クオカードペイ)には有効期限があります。

QUOカードPay(クオカードペイ)の有効期限は、一部のバリューコードを除いて、バリューコードの発行日(発行日を含む)から3年を経過する日までになります。

有効期限が経過したバリューコードはご利用できなくなってしまうので注意が必要ですね!

QUOカードPay(クオカードペイ)のアプリを利用すれば、残高の有効期限が近づくと、登録のメールアドレス宛に通知してくれるので無駄なく安心して利⽤できます!

まとめ

ここまでQUOカードPay(クオカードペイ)のアプリについてまとめてみました。

QUOカード(クオカード)とは別サービスで残高を合算できないので、利用する方は限られていますが、景品や謝礼などで複数のQUOカードPay(クオカードペイ)を貰ったときには、QUOカードPay(クオカードペイ)のアプリを活用すると便利ですね!

公式 QUOカードPay(クオカードペイ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました